クズの旦那親族御一同様

旦那親族のクズっぷりをダラダラご紹介させてください

初対面の挨拶

義父がICUに入っている時


もうダメだと医者に言われた旦那は私を病院に呼びました


義父に結婚すると伝えたかったのでしょう


ベットの傍らには義母と義妹


憔悴しきった様子で義父の手を握っておりました


旦那「母さん、こちらカピさん(私)」


私 「カピです。こんな時にご挨拶にうかがい申し訳ございません。」


義母 「 … 」


返答なし。目線すら向けない…


自分の旦那さんの生死が危うい時に息子の婚約者どころではないのだろう


この時はそう思ってICUを後にしました


その後も幾度か挨拶はさせて頂いているものの抜け殻のようになった義母から返事はありませんでした


旦那は義父が倒れたあの夜からアパートに帰って来れない程忙しくなったので私も実家に戻っておりました


葬儀も終わり病院も再開して数日経った日


旦那から実家に来て欲しいと言われました


どのような用件か聞かなかったのは今でも失敗だったと思います


実家では義母・義妹・義弟がテーブルに着いていました


旦那に促されテーブルに着いたと同時に義母が開口一番


「あのような状況で初対面の挨拶をするなんて一体どんな教育を受けてらしたのかしら?


病院のお見舞いにあのような服装で来て…お里が知れますね」


初めて私に向けられた鋭い目線と言葉でした

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。